こんばんは。
もしくは、おはようございます。
りょうです。

久しぶりにアレですね。

とりあえず「TAV復習の儀」を更新しようと思います。

※これまでのTAV復習の儀はこちら

最近、私自身、
ネトナンなり、ストナンなり、
ちょこちょこ活動はしていたものの
録音などは全然撮っておらず、
ただひたすらに楽しんでおりました。

ですが、久しぶりにしっかりスキルアップしていこうと
謎に思い立って今記事をしたためている、というわけです。

あ、つか記事更新の前に最近とあるサプリ買ったんですが、
コレ結構いいですよ。

「HALEO」というところから出ている
「UP!」というサプリ。
※ハレオアップ(コレ↓)



なにやら集中力が高まるらしい、
若干、いやまあまあ怪しげなサプリなのですが、
これめっちゃ効きます。

まじで集中力上がります。

ぶっちゃけ体感としては何も変わらないんですが、
コレ飲んだ後、仕事なり、ブログなり取りかかると、
とにかくめちゃくちゃ集中できます。

実際、私が今こうしてブログを久々に更新しようとしているのも、
この「UP!」という怪しいサプリを飲んだからに他なりません。

うん、それ以外に理由はありませんw
ええww

冒頭で「久々にしっかりスキルアップしていこうかと思って」みたいなこと言いましたが、
アレはいわゆる建前ってやつですね。はい。

実際は、仕事しなくちゃいけなかったので集中する為に「UP!」を飲んで、
仕事は一通り終わったもののまだまだ元気が余ってたんで、
ついでにブログも更新しとこう、みたいな感じです。


本音と建前が1つの記事の中で見れるなんて、
なんともお得ですね。


つーことで、そろそろ本題へ移りましょう。


前回はだいぶ前ですが、

「俺か、俺以外か」

というタイトルで謎にローランドを紹介してましたねw

内容としては、
「女子には上から目線で接しろ」
みたいな感じでしたかね。たしか。


今日は、TAVの8つ目の音声を復習していこうかと思います。


これまで復習してきた1〜7つの音声で、
マインドやノウハウ的な部分はだいぶ伝えられたかと思います。

8つ目の音声ではより具体的に

どうやって実践していけばいいのか?

ということについて、岡田氏が若かりし頃やっていたやり方が
事例として紹介されていたました。


それをお話する前に「前提」の確認ですが、
私たちが最終的に目指すべきは、

普段の日常生活を送る中で、
可愛い子や美人の子を見かけたら、スッと声をかける


という状態です。

つまり、日常生活の一部としてナンパをするということ。

これはナンパを習慣化するということとはちょっと違っていて、
「ナンパするぞ!」と気合いを入れるわけではなく、
可愛い子がいたから、当たり前に声をかける、ということです。


めっっっっっっっちゃ古いですが、
昔、「当たり前体操」っての一時期流行りましたよねw

「右足出して、左足出すと、歩ける〜♪」

みたいな、COWCOWというお笑いコンビがやっていたネタです。

感覚としてはそれに近いです。
(いや全然近くないかも)

例えば、あなたが外を歩いてて「喉渇いたなー」と思ったとしましょう。
そんな時に目の前に自販機があったら、普通にジュース買いますよね。

声かけ(ナンパ)もそういう感覚です。

仕事したり、買い物行ったり、友人と遊んだり、…

そういった普通の日常生活を送る中で、
可愛い子がいたら、仲良くなりたいから普通に声をかける

そういう状態が理想なわけです。


もちろん私もまだまだその境地には至ってないですが、
最終的にはそういうところを目指してやっていくべき、ということです。


・・・という前提があった上で続きですが。

とはいえ、最初からそんな状態には誰もなれないわけです。

なので、まずは、
とにかくがっつりナンパをやって経験値を積む時期
が必要なのだと。岡田氏は言っとるわけですね。

で、ガッツリやる為には、
渋谷などのめちゃくちゃ人が多いところがお勧めです。

なぜなら、中途半端にしか人がいないところだと、
効率が悪いからです。


例えば、渋谷であれば、一人声かけてダメでも、
すぐ次に声をかける人が見つかります。

1日中声をかけ続けても、
声をかけきれないほどターゲットが絶えない。

そういうところでナンパするのが大事ってことですね。
特に最初の経験値を詰む段階では。

で、岡田氏の場合は、渋谷でナンパする場合、
エリアを4つくらいにわけて、そこをローテーションで歩いて回るそうです。

例えば、
「センター街」
「西武やUFJがある大通り(名前が分かりません)」
「井の頭通り」
「文化村通り」

の4つにわけて、そこをぐるぐる回る。

で、ぐるぐる回ってる間に見つけた可愛い子にどんどん声をかけていく、
という感じで、とにかく自分が動きながらナンパすると。

こうすることのメリットは幾つかあって。

例えば、ずっと同じところでやらずに動き回るので、
怖いお兄さんに目をつけられてトラブルになる可能性が低くなります。

私も経験があるのですが、
場所によっては怖いお兄さんが
「ここで声かけてんじゃねぇ」
と脅かして来ることもあります。
(場合によっては事務所に連れてかれて、
 個人情報とか謎に押収されますw)

ま、とにかく、そういうトラブルが回避できる。

あと、自分自身が動いているので、
地蔵になりにくいです。

やはりターゲットを探す時にどこかに立ち止まりながら探していると、
たしかに探しやすさはあるのですが、体が固まってしまって、
動き出しにくくなるのです。

ですが、自分自身がぐるぐる動き回ることで、
ターゲット女性を見つけた瞬間に体が動きやすくなります。

これは実際やってみると違いは分かると思います。


あとは、いい運動になりますねw

やっぱ一日中歩き回るって、それだけで健康的ですもんねw

とまぁ、エリアをわけてぐるぐる歩き回るってのは、
結構メリットが多いわけです。


で、そういうローテーションを自分の中で組んで、
効率よく声をかけることで圧倒的に経験値が詰めるのです。

ちなみに岡田氏は、多い時だと、
1日に300人くらいの女性に声をかけていたそうです。

ちょっと考えられませんよねw

私なんか1日30人でも声をかけたら、
「今日はけっこう頑張ったなー」
と思ってしまいますからねw

それはともかく。

とにかく、

・人がめちゃくちゃ多い都市で
・エリアを幾つかに分けて
・ローテーションでぐるぐる回り
・可愛い女子を見つけたらどんどん声をかけていく


そういう流れを作ってしまうことで、
圧倒的に経験値を積んでいけるので、
短期間でレベルも上げられるということですな。


こういう経験を積んで、ナンパの成功率が、
10%→20%→50%→80%→…
と上がっていったら、とんでもない女性経験を積むことになります。

だって、まず声かけにも慣れるので「声かけ数」が増えます。
そして、「成功率」が上がるので、当然寝る女も増えていきます。

「経験人数」=「声かけ数」×「成功率」

この式の「声かけ数」と「成功率」どちらも上げていけますから、
そりゃ経験人数増えますよねって話です。


ってことで。

最終的に目指すのは、
「日常生活の中で当たり前のように声をかける」
って状態ですが、その境地に達するまでのレベルアップ期間として、

・人がめちゃくちゃ多い都市で
・エリアを幾つかに分けて
・ローテーションでぐるぐる回り
・可愛い女子を見つけたらどんどん声をかけていく


ということをやっていきましょう。

という話です。


てかアレですね。

こういう記事を書いていると自分自身のやる気も上がっていきますね。

とりあえず、今日はこんなところで。

では、また。

りょうのメルマガ(無料)

メルマガやってます。

メルマガ読者限定でナンパ音声も大量にプレゼントしてるので、
ぜひ登録してみてください。

こちらのページ(随時更新中)も閲覧可能になります。


メールアドレス  

お名前(苗字のみ)



※解除はいつでも即座に可能です。

※メルマガは永久に無料のままです。

※登録後すぐに「読者登録完了」のメールが届きますので、ご確認ください。
 もし届いていない場合は、「迷惑メール」に分類されている可能性があるので、
 そちらも合わせてご確認ください。


おすすめ恋愛・ナンパ教材ベスト3

osusume

りょうの恋愛バイブル集をランキング形式で紹介していくコーナーです。
ぜひ、あなたに合ったものを見つけ、一緒に「モテる男」へと成長していきましょう!

>>>モテたいならコレを学ぼう!