どうも。
りょうです。

前回の記事で、
「バイト先で新たな出会いがありLINE交換した」
ということをお話しましたが、

※前回記事:「バイト先の子をLINE教育する」と「ナンパは元気よく!笑

昨日のバイトで、たまたま、
その子(以下、ST)と一緒になり、
会う回数としては2回目となりました。

で、結果から言いますと、
その日(昨日)にベッドインできました!



前回の記事でお話した通り、
事前に軽くLINE教育できていたので、
少し積極的に攻めてみました。


まず最初の仕掛けは、
お昼休憩の時です。

ここでは、「お昼一緒にいこう」ではなく、
「お昼なに食おっか?」という感じで、
一緒に行くことを前提に話を進めました。

STも「何にしましょうか」という返答。

一緒にお昼ごはんに行く計画は、すんなりクリア。


入ったのは、その辺のファミレス的なところ。

食事中は
「相手を主役にする」
というのを意識して会話を進めました。

STは、つい最近まで、トリマーをやっていたみたいで、
でも店長が病的なくらい厳しい人だったそうで、
それが辛くて辞めたと言っていました。

で、今は、とりあえず、
次の仕事が見つかるまでフリーターでいると。


私は、それが深フックになると思い、
その話題を中心に会話を進めました。

※深フック=相手が話したがっている話題。


なぜ犬が好きなのか?
ペットは飼っているのか?
将来的にはまたトリマーに戻りたいのか?
・・・

など、相手の内面的な部分を深堀していく感じで、
でも、重い感じにならないようユーモアを挟みつつ、
というのを意識して会話を進めます。


ちなみに、こっち(男性側)の話は、
ほぼしていません。

イメージ的には、
バラエティ番組にゲストが来て、
自分は司会者、STはゲスト、
という感覚で話を進めるイメージですね。

ちなみに、相手も居心地が良くなってきたら、
こっちに対して質問もしてきます。(興味サイン)

そしたら、ユーモアを交えつつ、
軽ーく、適当に答えとけばOKです。

で、また会話を相手軸に戻すと。

基本的に、どんな人でも、
自分が主役になっている時の会話は楽しいものですからね。

「会話は常に相手が主役」

と意識するといい感じになりますね。


あ、でも、だからと言って、
質問を連発してたら、尋問みたいになってキモくなるので、

適度に相手をイジったり、
ユーモアを挟んだり、
質問ではない相づちで会話を広げたり
(なんか学校の先生ぽいよね、とか)、

というのがいいですね。


さて、話を戻しまして。


そんな感じで会話を進めていたわけですが、
反応もまぁまぁ悪くないので、軽く、

「スキンシップ」

もしてみました。


今回は、STがトリマーだったということで、
「トリマーって犬に手噛まれたりしない?」と聞いてみると、
「噛まれますねー」とのこと。

私「え、どの辺、噛まれたりすんの?」

ST「(指らへんを見ながら)この辺とかですかね」

私「え、見して。跡とか残ってる?」

という感じで、手に触れることに成功。


STも嫌がってはいない感じです。

その後も、適当な理由をつけ、
お互いの手をベタベタ触ったりして、
だいぶ良い雰囲気になってきました。


ただ、午後のバイトの時間が迫ってきたので、
ちょっと早めに「そろそろ行くか」と、
その場は切り上げました。


で、外に出て、
「まだ少し時間あるし、散歩でもするか」
と言って、ちょっと遠回りして、仕事場に戻ることに。

その途中、「ちょっと手貸して」と言って、
手を握りました。(ハンドテスト)

STは「え、えー。なんですか!?」と言っていましたが、
そこまで嫌がってる様子はありませんでした。

なので、私も、

「え、逆になんすか?笑
 あ、彼氏に怒られちゃう?」


と返すと、

「彼氏いないです」

と。


で、そこからは、
仕事場へ戻るまで散歩しながら、男女会話。


あ、そうそう。

ちなみに、彼氏がいる前提で話を振ると、
自然に男女話に持っていけます。

例えば、
「今日は彼氏んちに帰んの?」とか、
「彼氏は相談に乗ってくれたりしないの?」とか、
そういう聞き方をすれば、

彼氏がいる場合は、普通に話が進みますし、
いない場合は、「いない」と言ってきます。

そこから、彼氏話や元カレ話をしていけるので、
深フックも見つけやすいです。


今回の場合は、いなかったので、
「元カレ」を悪共有した会話をしました。
(彼女が振ったらしく、元カレの愚痴などを引き出せました)


で、午後は、普通にバイト。


18:00 バイト終了。


帰り道、2人で駅に向いながら。

私「今日は、この後、暇なんでしょ?」

ST「うなずく」

私「じゃ、軽く遊ぼーよ」

ST「どこでですか?」

私「STんちで」

ST「えー、今すごい散らかってますよww」

私「うん、知ってる知ってるww
  よし、じゃ行くか」


 ※STの声のトーンや表情的に嫌がってなかったので、
  多少強引に行くことに。


ST「ほんと汚いですからね」

私「なに、ゴキブリとか出んの?w」

ST「去年、1匹だけ出ました」


私 (心の中で)まじか、、ガチで汚ねーのかな、と少し心配になるw


ST「でも、それは外から入ってきたやつなのでいないですよ」

私「ほんとにー?ww
  外から入ったってことにしてるだけでしょ?ww」



・・・という感じで、とりあえず、「家行くね」オファーも成功。


そのまま電車に乗り、ST宅の最寄り駅へ。


駅に着き、ST宅へ徒歩で向う。


ST宅へ向う道中は、終始、手をつなぎながら、
たわいもない話でテンション維持。

途中、STから、
「==(私の名前)さんは、彼女とかいるんですか?」
と唐突な質問。(興味サイン)

ちなみに、こういうのに答えたくない時は、

「うん、いるよ。200人くらい」

とユーモアと分かるように、ふざけて返しとくといいです。


そしたら、女性も、

「嘘でしょ笑」

などと返して来るので、

「嘘じゃないって。笑
 おれ人生で嘘ついたことない。笑

 つか、==(相手の名前)はよく嘘つきそうだよね。笑」


という感じで、また相手軸に話を戻せば、
さっきの質問に対しては、上手く流すことができます。


で、相手も一度聞いてしまっているので、
その後、同じ質問はできなくなります。

結局、こっちの情報を与えていないので、
相手の中で「謎」が残り、ブランディングもされます。


さて、話を戻しまして。

今回もそんな感じで、
「彼女いるの?」という質問に対しては、
上記のように流して答えておきました。


で、夕飯どうする?という話になり、

STは、いつも、夕飯は、
ご飯だけ炊いて、おかずはスーパーのお惣菜で
済ませているらしい。

今日も既にご飯は炊いてあるとのことだったので、
スーパーに立ち寄り、お惣菜を買って、ST宅で食べることに。笑


なんというコスパの良さ。笑


しかも、私は昼メシをおごっていた(700円くらい)ので、
STが「ここは私が払う」と言い出し、払ってもらうことに。笑


なんというコスパの良さ。笑


STが住むマンションに着く。



部屋に入ると、
ピンクピンクしてる。笑

うん、女の子の部屋って感じ。笑


思ったより、散らかってなくて安心しました。笑

ま、別に散らかっていても、何とも思いませんが。笑


で、普通にテレビを見ながらご飯を食べ終え。


私「つか、テレビつまんなくね?」

と言い、テレビを消し、

見つめ合い


肩を抱き寄せ


キスをし


そのままベッドイン。



という感じで、STと出会って2日目で
ベッドインすることができました。


まー、今回は、バイト先の子だったので、
難易度としては、ナンパに比べると高くありませんでしたが、
でも、こういうのも良いものですね。

普通に楽しいです。笑


以前までの私だったら、
こんなに早い展開なんて考えられませんでしたし。


ちょっと成長を感じる瞬間でもありました。


でも、早く、ナンパでも即ってみたいっすねー。


うん、がんばろ!


今は数をこなして、
成長していくのみですね。


つーことで、今日はこんな感じです。

では。


ーーー後日、追記ーーー
この2日後、この女の子から告白されました。
付き合いませんでしたが。
ーーーーーーーーーーー


次回 : 【ナンパ音声】粘りナンパでLINEゲット2件!@渋谷

りょうのメルマガ(無料)

表(ブログ)には出せない
ちょっとアレな話ナンパに失敗している恥ずかしい音声など、
メルマガ限定で公開しております。笑

興味ありましたら、ぜひ登録してみてくださいまし。

こちらのページ(随時更新中)も閲覧可能になります。


メールアドレス  

お名前(苗字のみ)



※解除はいつでも即座に可能です。

※メルマガは永久に無料のままです。

※登録後すぐに「読者登録完了」のメールが届きますので、ご確認ください。
 もし届いていない場合は、「迷惑メール」に分類されている可能性があるので、
 そちらも合わせてご確認ください。


おすすめ恋愛・ナンパ教材ベスト3

osusume

りょうの恋愛バイブル集をランキング形式で紹介していくコーナーです。
ぜひ、あなたに合ったものを見つけ、一緒に「モテる男」へと成長していきましょう!

>>>モテたいならコレを学ぼう!